教育制度

継続教育

卒後教育

獨協医科大学病院の看護部における新人看護職員研修の理念
1)新人看護職員が看護実践の基礎を形成するものとして、重要な意義を持つ
2)看護部の全職員が、新人看護師を支援し、ともに支えあい、成長することを目指す

研修方法として、新人看護師が全員参加する集合教育と、各部署において新人看護師指導者と先輩看護師による、実地指導が行われます。また、看護部シミュレーションセンターにおいて、個別トレーニングがあり、新人看護職員個々に求められる指導が行われます。
※獨協医科大学病院の看護部は、他病院や他施設の新人看護職員の講義や研修も受け入れています。
新人看護職員教育研修
集合教育 部署教育
新人看護職員教育研修新人看護職員教育研修新人看護職員教育研修

共通教育制度

獨協医科大学病院、埼玉医療センター、日光医療センターの3病院共通教育プログラム
看護職は、近年専門看護師や認定看護師などのスペシャリスト、看護管理者など多様化されています。獨協医科大学の3病院看護部の教育プログラムは、5年間の共通プログラムに加え、各病院のオリジナルの研修プログラムを実施しています。これらのジェネラリストコースを修了すると、個人が目指すスペシャリスト・管理者などのコースを選択することができます。
獨協医科大学病院 獨協医科大学 埼玉医療センター 獨協医科大学病院 日光医療センター
獨協医科大学 看護職キャリア開発システム(3病院共通)
教育計画のプログラム
1. ジェネラリスト(ベーシックコース)は、レベルⅠ~Ⅲのコース 
2. ジェネラリスト(ベーシックコース修了後)は、ベーシックコースを修了した者が受けるプログラム
3. アドバンスコースは、専門分野・経年別・役割別のコース
4.・准看護師研修 ・非常勤看護師研修 ・看護補助者研修 
5. 役職者・全職員トピックス・役割別・その他
  上記5項目があり、offJT・OJTから構成されている
ジェネラリスト(ベーシックコース)/3病院共通教育プログラム(1~5年目)
■対象者/卒後1年目~5年目のコース ・准看護師研修 ・非常勤看護師研修 ・看護補助者研修
■研修目標
(1) 獨協医科大学病院の提供する医療と看護部の方針を理解し、専門職業人として認識を高めることができる
(2) エビデンスと倫理を踏まえた看護実践ができる
卒後1年目~5年目のコース
レベル別目標
レベルⅤ看護部や病院から求められる役割を認識し、創造的なマネジメントを発揮できる
レベルⅣ看護部や病院から求められる役割を認識し、チーム医療を推進できる
レベルⅢ部署において専門性をふまえた看護実践が行え、組織的な役割を遂行できる
レベルⅡ看護チームのメンバーとして自立できる
患者を全人的に捉え個別的看護が実践できる
レベルⅠ社会人としての職務姿勢と部署の一員としての役割と責務に基づいて行動できる
助言を得てエビデンスに基づいた看護実践ができる

※新人看護職員研修プログラムは、各病院の「継続教育」を参照 ※年度別研修は個人に合わせて実施
准看護師研修
准看護師准看護師としての役割を理解し、メンバーシップがとれる

非常勤(看護師・准看護師)研修
非常勤(看護師・准看護師)非常勤(看護師・准看護師)としての役割を理解し、メンバーシップがとれる

看護補助者研修
看護補助者看護補助者研修としての役割を理解し、メンバーシップがとれる

先輩メッセージ

新館5階病棟/整形外科病棟
働きやすく、やりがいのある病棟
蓼沼 広太
私は整形外科病棟に勤務し4年目になります。当科は患者さんの年齢層が幅広く、幼児から高齢者までおり、主な疾患は骨折や外傷等の患者さんが多く入院してきます。急性期病棟であり、手術も多く周術期は多くの変化があるため、的確な観察力・判断力を必要とする現場です。術後のリハビリにより患者さんの回復過程が目に見えてわかるため、とてもやりがいのある現場であると感じています。また病棟の雰囲気も良く、働きやすい環境で勤務することができ、更に頑張ろうと精進することができます。まだまだ経験も浅く知識や技術も未熟ですが、先輩看護師に丁寧かつ親身にアドバイスをしていただき、日々成長することができています。様々な患者さんがいるため、冷静かつ的確に判断し、個別性のある看護を提供する先輩方を目指して日々精進しています。
救命救急センターイメージ