教育制度

教育制度

継続教育

新人教育プログラム
3病院で卒後5年目までは、同じ目的で教育プログラムが作られています。
1年目も目標は同じですが、方法を少し変えています。
集合教育と部署内教育を組み合わせ、各自が達成感が持てるような配慮をしています。特徴的なのは、5月の宿泊研修で数少ない入職者・温泉街にあることで企画されました。目標管理を勉強しますが、評価はとてもいいです。また9月~10月に行われるローテーション研修 ポートフォリオの活用など新人看護師が無理なく仕事が覚えられるよう配慮されています。
新人看護職員教育研修
集合教育 部署教育
教育Ⅱキャリア開発
コース名 呼吸ケア がん看護 皮膚・排泄 教 育 自己啓発 各コースで年間計画をたて、キャリア構築を図る 自己実現・エキスパートスペシャリスト 専門・認定看護師学会認定看護師 ジェネラリスト 広範囲な
教育Ⅱ
看護師の教育は、教育ⅠとⅡで構成されています。教育Ⅰは、3病院で同じ目的・ゴールを決めていますが、教育Ⅱは各病院のオリジナルです。
日光医療センターでは、6年目以上の看護師が自ら専門性を高めて行けるようプログラムを組んでいます。5年後の自分・10年後の自分を考えながら夢を持って働けます。

認定看護師メッセージ

糖尿病看護認定看護師
その人らしい療養生活の支援を目指して
外来 永島 靖子
皮膚・排泄ケア認定看護師
私は糖尿病看護認定看護師として外来に所属しています。糖尿病は生涯を通し患者さんが主体的に治療を継続していくことが重要です。糖尿病看護では糖尿病をもつ方を「生活者」と捉えます。合併症の発症、進展を阻止し治療と生活との折り合いを見いだしながら、その人らしい生活調整を目指し活動しています。また教育入院やフットケア外来、糖尿病透析予防指導なども実施しています。
手術看護認定看護師皮膚・排泄ケア認定看護師

専門分野を担当する看護師メッセージ

心臓リハビリテーション室
心血管リハビリテーション看護師の役割と生きがい。
心臓リハビリテーション室 岩上 茜
心血管リハビリテーション看護師
心臓リハビリテーションは多職種と多く関わりを持ち、患者さんをサポートしていく部門です。壮年期の急性心筋梗塞発症の患者さんも多く、社会復帰や再発を予防するために外来や病棟との連携が重要になってきます。患者さんの個別性をとらえチームでアセスメントしながら食生活の改善や薬物・運動療法についての説明や指導を行っています。行動変容のプロセスを見ながら、患者さんが元気になって退院していく姿を見ると看護師としてのやりがいを感じます。
心血管リハビリテーション看護師